女友達をデートに誘うコツ・注意点

まず初めに、何処までの友達なのかが問われます。小さいときからの友達であれば気軽話すことが出来ます。好きとかではなく昔からの知り合いに関しては、話しやすく言い

 

やすいです。ですが、注意点は無理に誘うのではなく、相手に任せるくらいが丁度良いと思います。今までの信頼関係があるなら大丈夫です。最近知り合いになった場合は初めから猛アタックすると今後の友達付き合いに影響が出ます。それでもいいなら猛アタックしてください。

 

 

 

 現在では男性の方から誘うという事が少なくなっています。女性の方が積極的な方が多いです。但し誘われるのを待つだけでは何年かかるのかわかりませんし誘われない方が多いでしょう。

 

まずは気になる女性と普段の会話ができるまで友達にらなければなりません。そこで重要なのが相手の番号やlineを聞くという事です。

 

その勇気がデートに誘うコツでもあります。 電話番号を知らない相手とデートにいくなんて今は考えられません。 

 

 

 

電話番号を聞くときのコツは、単刀直入に好きだから電話番号交換してくださいという人はなかなかいません。中には好意があるから教えてという人もいますが

 

かなり自分に自信があるかたになります。 そこで相手の状況をみます。断られるか、教えてくれるか。 基本的には友達という事は番号交換も可能という事です。

 

 

 

本当に嫌な相手には電話番号は教えません。社交辞令で教える事もありますが電話したりなどは用事がないとできません。

 

気になるこの電話番号や会話ができるようになれば、メール等で今度○○と一緒にカラオケどう?等そこから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

相手が自分に好意があればラインやメールは必ず返信が来ます。 中には軽い女性だと思われたくないと翌日にわざとメールする人もいます。

 

ですが、必ず返信が来ます。 現在では1日24時間の間 睡眠時間と仕事以外では、ご飯の時も携帯 トイレも通勤通学の時も必ず手に携帯がありませんか?

 

それでも返事が来ないならかなり頑張らないと二人では厳しく思います。 

 

 

 

返事が来るからとほっておいては逃げられます。 初めは4人でそれから2人で行くようになればお互いの距離も近くなります。

 

今ではラインなどSNSやFBなどがあるので誘いやすく会話も広まると思います。相手の好きな物、映画、趣味もわかる範囲で調べていくことで自分も楽しくなれます。

 

気軽に今度ご飯行かない?って言える人は軽く思われがちなので、真剣に思う人がいるならやめた方がいいでしょう。誘われると人はうれしいもので、誰かに話しをしたくなります。それが人間です。 不幸なことは黙っていることが多くなります。 ですので誤解を招くことになるので誰でも誘うのはやめましょう。

 

 

 

誘い方としてはまず、友達からスタートして交流を深めることです。必ず嫌われたくないと思うのが人間ですので、慎重に頑張ってください。

 

人気で自信のある方は、どんどん責めて次から次へデートしてもOK ですが本当に好きな人がいるなら控えめにしてください。