気になる女友達を意識させる方法とは

【彼女だったらいいのになとふと口に出す】

 

会話の流れで、彼女だったらいいのにな、と何気なく口に出すことで意識してもらいやすいです。

 

恋愛面で自分のことを対象として見てくれているんだなと分かれば、ドキドキと心臓も高まります。

 

彼氏だったらいいのにな、と返してくれるようであれば脈ありサインだと読み取る事も出来ます。

 

真剣な表情じゃなくても、冗談めいた雰囲気の中でも絶大的な効果を生んでくれる事でしょう。

 

彼女が欲しい、と誰でも良いと捉えられる言葉を常に言うようであれば敬遠されがちですが、特定の人にかける言葉であれば効果的です。

 

逆に何とも思っていない人に対して言う場合には気をつけないといけません。

 

私のこと好きなんじゃ無いかと勘違いさせてしまう言葉としても受け取れます。

 

 

 

【他の女友達とは接し方が違う】

 

他の女友達には憎まれ口を叩くけど何処と無く自分には優しく接してくれるとわかれば、その瞬間から意識する事が始まります。

 

通常は無関心だけど気になる女友達の話題が出た時にひどく反応することも、周りの人にバレやすいです。

 

女性的に扱ってくれるとわかれば、女友達の中にいいなと言う感情が芽生えます。

 

誰にでも優しく接している人ほど、気持ちを伝えにくく優しい人止まりで終わってしまう事が多いです。

 

極端に接し方を変えても嫌味なやつだと思われやすいので、適度な変え方を心がけましょう。

 

 

 

【大丈夫?と常に心配する】

 

心配すると言うことはその人に関して興味があると言うことです。

 

どうでもいい人に対しては、常に見ているわけでは無いのでそのような言葉も出てこないです。

 

女性は大丈夫と一言声をかけられるだけで元気を取り戻しやすく、嬉しいという感情でいっぱいになりやすいです。

 

気にかけてもらえていると分かると、次第に相手のことが気になってしまいます。

 

自分のことで手一杯な世の中で、他の人を気にかけてあげられる人はとても優しいです。

 

何気ない一言ですが、相手の心の中にきちんと届いています。

 

人によっては大好きと同様な価値を持つ事もあるほどです。

 

心配されるだけで、ストレスや悩みそのものも吹き飛んでしまう効果を持ちます。

 

 

 

【遊びの予定を持ちかける】

 

長期的な休みであっても遊びに誘ってくれるということがわかれば、会いたいんだなと相手は察してくれます。

 

一緒にいる時間が増えれば増えるほど親しくなりやすく、恋心を生みやすいです。

 

マンネリ化にならないように行く場所もコロコロ変えるようにしましょう。

 

恥ずかしい場合、最初は大勢で遊ぶように持ちかけても良いですが慣れてきたら二人っきりで遊ぶようにしてみましょう。

 

そうすることでお互い見えなかった部分も少しずつ知ることができ、恋人同士になるのも時間の問題です。

 

会わない時間が長ければ長いほど気持ちも遠ざかってしまうので、何より会うことが一番です。

 

会えなかったらメールや電話で繋がるなど、繋がりを絶たないように努力しましょう。